本サイトについて
本サイトは、日本国内向けに製造販売されているインスタントラーメンの空き袋の画像を展示しています。
カップめんは含まれていません。
私のコレクションの対象となる「インスタント」の意味ですが、めんを茹でた湯にそのままスープを溶かして作る
タイプのものに限っています。
生ラーメンなどに多い、スープだけ別に湯で溶かしておいて麺はざるで湯切りをして作るものはインスタントとは
みなしていません。
また、生麺・半生麺、要冷蔵商品・冷凍食品も除外しています。


ついでに私のコレクション歴を簡単にご紹介しましょう。
現在私は福岡市在住ですが、ラーメン袋を集め始めた1990年ごろは東京都内で仕事をしていました。
地方都市への出張もときどきあり、行った先々では見たことのない珍しいラーメンを発見しました。
まずはこれら地方メーカーのラーメンや、大手でも地方限定で発売されていたものを集め始めます。
しかしこのころはまだジェネラルコレクションを目標とするまでの意識はありませんでしたから、
都内で普通に売っている大手メーカーの商品はあまり保存していないというのが残念でなりません。
その後1996年に、故郷の福岡で新しい仕事をすることになって帰ってきました。
この仕事では地方への出張というのはまったくありませんでしたので、これ以降しばらくは九州エリア以外の
ラーメンは入手しにくくなりました。

転機は2001年に訪れます。ネットでラーメン情報を検索していたところ、私とまったく同じコンセプトで袋を収集している人のサイトを見つけました。
とろ郎さんの「袋入り即席めん研究所」です。
さっそくコンタクトをとってみたところ、情報交換に快く応じてくれたばかりか、ラーメンの物々交換もしてもらえる
ことになりました。
とろ郎さんは横浜在住ですから、これ以降関東エリアの商品はほとんど網羅できています。
やはり同好の士がいればコレクションの質は飛躍的に高まるものです。
以来、我々ふたりで同盟しさまざまなラーメンの入手方法を開発しながら現在に至っています。
もちろんそのほか多数のかたがたの協力を仰いでおり、この場を借りてみなさんに厚くお礼申し上げます。

2010年 3月  立花らいた
【インスタントラーメン袋の世界】
home